新着情報

国の登録有形文化財に指定されました

平成25年3月29日、大王埼灯台が国の登録有形文化財に指定されました。
また同時に安乗埼灯台も指定されました。
 【 名 称 】 大王埼灯台(だいおうさきとうだい) <登録番号第24-0147号>
大王埼灯台門柱及び塀(だいおうさきとうだいもんちゅうおよびへい) <登録番号第24-0148号>
 【 所在地 】 志摩市大王町波切
 【 年 代 】 灯台、門柱及び塀:昭和2年
 【 所有者 】 国(海上保安庁第四管区海上保安本部)
大王埼灯台は、志摩半島の東南端の断崖上に立地しています。
この周辺は暗岩の多い海の難所で、早くから灯台の設置が望まれていました。
そのような要請を受け、大王埼灯台は関東大震災後初の新設灯台として設置されました。
灯台は、円筒形の灯室と灯塔、扇形の付属舎からなっています。
大王埼一帯は、伊勢志摩国立公園の中でも海と岬、集落、灯台が造り出す優れた景観で知られ、大王埼灯台はその象徴的存在となっています。

前のページへ ページの上部へ